ブログカテゴリ:2016ミッション国際会議


2016/12/26
JASE-Wは、プーチン大統領来日を機に、Russia Energy Agency(REA)との省エネルギー・再生可能エネルギー案件の協力に関するMOU(2010年締結、2013年第1回延長)の延長更新の調印した。この覚書は、大統領来日を機に結ばれた日露協力強化に資する民間68件の覚書の1つであり、日本とロシアとのビジネス協力の一翼を支えるものである。...
2016/11/15
省エネソリューションWGインドシナSWGは、今後発展及び日本との経済協力の拡大が期待されるミャンマーに、ビル用省エネソリューションの提案による市場可能性調査をすべくミッションを11月7日から11日にかけて派遣した。...
2016/11/08
省エネルギー・ソリューションWGの業務用施設SWGは10月31日から11月4日にかけて、インド・タミルナドゥ州チェンナイにミッションを派遣した。チェンナイ市内の大型ホテルのエネルギー診断を行い...
2016/09/12
省エネルギー・ソリューションWGの中南米SWGは、8月27日から9月8日にかけて、ブラジル、ペルー、チリにミッションを派遣した。ブラジルにおいては、ブラジル・ESCO協会主催の国際省エネルギー会議(COBEE)にて日本の省エネ技術をアピールすべくプレゼンテーションを実施。またブラジル工業連盟(CNI)を訪問し、エネルギー多消費産業における今後の省エネ促進プログラムにおけるコラボレーションの検討を開始した。 ペルーにおいては、省エネ促進のための金融プログラムの活用を促すべく企業訪問を実施した。またチリにおいては、JCM締結国であることから、Hyatt Regency ChennaiJCMスキームのアピール並びに省エネ・再エネ事業における活用の可能性を調査した。
2016/09/05
ロシアのウラジオストックにて9月2日(金)~3日(土)に開催された東方経済フォーラムにおける分科会セッション「社会インフラに対する民間投資;政府はどうすべきか?」にJASE-W官民連携WG主査を派遣した。東方経済フォーラムはプーチン政権が戦略地域と位置付けるロシア極東で開催される大型国際会議で、今回は安倍総理とプーチン大統領との首脳会談をはじめとする両国の政財界要人に加え、中国や韓国、東南アジア各国の企業幹部が参加した。  官民連携主査(住友商事)は上記分科会のセッションにてパネリストとして登壇、JASE-Wのこれまでの取組、日本の高効率ガスタービン並びにボイラーを利用したスーパーESCO投資スキーム等を紹介した。同パネルには連邦住宅建設省ならびに極東地域の州政府関係者が出席されており、具体性ある同スキームの提案に対して大きな関心が示され、実現に向けての今後の取組み等、日ロ協力に関する活発な意見が交わされた。
2016/07/01
ASE-Wは1月に官民ミッションを派遣し、日本企業の有する省エネ機器・技術について紹介、5月にはイランより提案のあった省エネルギー外国投資促進スキームの内容確認を目的とした官民ミッションを派遣した。今般、上記促進スキーム詳細の確認や案件可能性調査、案件実現のための環境を整備することを目的に、イラン官民フォローアップミッションを派遣、面談各機関で、具体的な議論が交わされ、イランとの取り組みを一層深めた。
2016/03/15
省エネルギー・ソリューションWGのインドシナSWGは、3月6日から12日にかけて、カンボジア、ミャンマーにミッションを派遣した。ホーチミンの人民委員会庁舎建替えプロジェクトに際し提案している日本企業連携によるビル用省エネ提案の市場可能性を探るべく、それぞれの政府機関、ディベロッパー等との打合せを実施した。両国ともに、提案は好意的に受け止められ、各国政府のエネルギー担当者から、今後日本の省エネ技術の紹介等のためのセミナーやワークショップの開催に向けて協力関係を築くことができた。
2016/01/25
2016年1月19日(火)~21日(木)にかけて、経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部国際室とJASE-W企業8社によるイラン・イスラム共和国への官民ミッション派遣を実施。面談を実施したイラン政府エネルギー関連省庁から、日本に対する歓迎と期待が表明された。中でも、エネルギー省では、ファラハティアン副大臣及びダエミ副大臣が出席し、イランの省エネ・新エネニーズと今後の日本との協力への期待を表明され、参加企業各社から、タービン技術、コジェネ、廃棄物発電技術等の技術プレゼンを実施し、今後の継続的な協議の第一歩となった。また、内務省及び各地方自治体との面談においては、イラン国内の廃棄物発電所の計画に関する説明が行われ、日本側からの廃棄物発電技術や運営ノウハウについてのプレゼンに対し、熱心な質疑が行われた。また、テヘラン郊外の廃棄物焼却施設やセメント工場の視察も実施した。