ミッション・国際会議

2019年

12月

02日

Cleaner Energy Future Initiative for ASEAN(CEFIA) (2019.11.27)

  11月27日(水)に第1回のCEFIA Forumは、経産省主催の元、フィリピン・マニラにて、フィリピン側代表として、クシ・エネルギー大臣からのオープニングスピーチ及び経産省 宮本政務官のご挨拶と共に華々しく開催された。230名分の席が用意された会場はほぼ満席に近い状態となった。本フォーラムは、低炭素社会の実現に向け、官民の協力のもとに、技術・人材育成・政策の3つの側面からアセアン諸国と中日韓が協力して進めるための会合として開催されたもの。

運営事務局は、ACE(ASEAN Center for Energy)及びフィリピンDOE(Department of Energy)が行い、概ねスムーズに進行した。世界省エネルギー等ビジネス推進協議会として、現在進めているZEB普及WGの取組みを、昨年MOUを締結したマレーシアのSEDA(Sustainable Energy Development Authority)と共同発表し、アセアン諸国に対し、日-マレーシアの共同作業事例としてのアピールを行った。なお、会場には、これまで共に活動したフィリピン建築家協(UAP)、フィリピン・グリーンビルディング・イニシアティブ(PGBI)の幹部も顔を揃へ、今後の更なる協力への期待が表明された。

 

日時:2019年11月27日(水)

会場:マカティ・ダイヤモンド・レジデンスホテル、マニラ、フィリピン

 

会場の様子
会場の様子
オープニングセッション
オープニングセッション

2019年

11月

28日

サウジアラビア官民合同ミッション (2019.11.18-20)

 

 当協議会は、日本とサウジアラビアのエネルギー分野における協力を具体化・促進するため、経済産業省支援のもと、(一財)省エネルギーセンター、(一財)中東協力センターの協力を得て、サウジアラビア王国に対し、日本企業の省エネ・再エネ関連の製品技術を紹介する官民合同ミッションを派遣した(総勢21名・参加民間企業8社)。協議会としては2010年1月以来の同国へのミッション派遣となる。一行は各訪問先で各社製品技術のプレゼンと質疑応答を行い、各訪問先からの関心も高く、今後のビジネスにつながるものとなった。

 

日時:2019年11月18日(月)〜20日(水)

訪問先:サウジ商工会(CSC)・サウジ総合投資庁(SAGIA)、サウジ電力(SEC)、サウジアラムコなど

 

青山委員長とサウジ総合投資庁(SAGIA)幹部との面談
青山委員長とサウジ総合投資庁(SAGIA)幹部との面談
ワークショップ@サウジ商工会(CSC)
ワークショップ@サウジ商工会(CSC)

サウジ総合投資庁にて懇談
サウジ総合投資庁(SAGIA)にて懇談
サウジ電力(SEC)にて
サウジ電力(SEC)にて

2019年

11月

19日

インドPCRAワークショップ(2019.11.8)

11/7開催の日印省エネ再エネビジネスフォーラム翌日、インド石油節約調査協会 (PRCA)が主催する石油精製分野でのワークショップに参加した。PCRAはインド石油天然ガス省の傘下の、インドにおける産業・家庭各セクターの省エネを推進している政府系公共団体。

青山委員長をヘッドに官より経済産業省資源エネルギー庁国際室、会員企業より、TLV、横河電機、東洋エンジニアリングの3社が参加し、それぞれの企業・技術のプレゼンを実施。インドからはPCRAが石油精製分野のスキームⅡによる省エネ診断、目標値、アプローチ等の紹介を始め、インド国営石油会社大手が参加、省エネ進捗状況などプレセンし、相互に活発な議論が交わされた。約30名の参加があった。

 

日時:2019年11月8日(金)

場所:Indian International Center, Convention Hall Ⅱ,Delhi, India 

 

*PCRA:Petroleum Conservation Research Association

*PAT:Performance Achieve and Trade

会場入り口でPCRAのExcutive Directorが出迎え
会場入り口でPCRAのExcutive Directorが出迎え
ワークショップの様子
ワークショップの様子

オープニングセッション
オープニングセッション
熱心な討議が交わされた
熱心な討議が交わされた

2019年

11月

18日

日印省エネ再エネビジネスフォーラム(2019.11.7)

昨年のインドネシアに引き続き、南アジア随一の面積を誇豊富な労働力を背景に経済成長著しいインドにて、省エネ・省エネビジネスフォーラムを実施した。フォーラムにはJASE-Wの会員7社が登壇参加し、日本の優れた省エネ技術を紹介するとともに、同国のエネルギーに関する課題解決に向けた提案も行った。

 フォーラムにはインド政府関係者をはじめエネルギー関連企業、日系企業、コンサル、他メディア等を含め、140人近くの参加があり、大盛況のうちに閉幕した。

各種プレゼン資料はこちらからダウンロードできます。

 

日時:2019年11月7日(木)

 

場所:The Ashok, Banquet Hall,Delhi, India 

青山フォーラム実行委員長 開会挨拶
青山フォーラム実行委員長 開会挨拶
the ASHOK hotel Banquet Hall
the ASHOK hotel Banquet Hall

インド 省エネ局長 Mr. Bakre
インド 省エネ局長 Mr. Bakre
展示エリアでのネットワーキング
展示エリアでのネットワーキング

2019年

10月

10日

バンコクにて官民に向けたZEB研修を支援(ZEB普及WG)

経済産業省からの委託を受けて、海外人材育成協会(AOTS)が、タイ・バンコクにてZEBの普及啓蒙を図るための研修を、タイの官民に向けて実施した。そこに世界省エネルギー等ビジネス推進協議会として、講師派遣並びに企業のZEBに向けた技術紹介を行った。

官公庁から11名、民間から28名の参加者があり、ZEBに関する講義を受講するとともに、今後タイにおけるZEB普及の課題及び進め方に関する討議をグループ別に行い、発表された。各グループとも、真摯に取り組み、講義の内容を掴み、また今後の進め方についても妥当なアイデアを出しており、今後の活躍が期待されるものとなった。

併せて、世界省エネルギー等ビジネス推進協議会の企業からの技術紹介、また施設見学としてチトララーダ工科大学の省エネビルの見学を実施し、具体的な取り組みの参考となるものとなった。

 


研修日程2019109日~10日 場所:バンコク市 The Sukosol Hotel

出張者ZEB普及WG主査(AGC)日建設計、三菱電機、ダイキン工業、LIXIL、三建設備及び事務局から参加

 

2019年

9月

28日

ソウルにてISO国際会議TC205に参加(ZEB普及WG)

 

 ISO(International Organization for Standardization)の省エネ建築設計の委員会である

TC205がソウルで9月23日から開催され、WG2に参画し、ZEBへの段階的アプローチの標

準提案を行った。最終日の全体会合の中で、審議の議決が参加国の投票により実施さ

れ、ZEB普及WGから提案の標準案がTechnical reportとしての検討開始の為の議決が満場

一致でなされた。今後は、ISO文書として発行するための検討審議を行い、文書化に

向けて進めていくこととなった。


 

 会議日程:2019年9月23日~27日

場所:ソウル市 Sheraton D-Cube Hotel

出張者:ZEB普及WG主査(AGC)、三菱電機、LIXIL及び事務局から参加

2019年

9月

09日

「APECにおける循環型経済のためのインフラ構築」会合に参加(廃棄物発電WG)

廃棄物発電WGは「質の高い廃棄物処理施設ハンドブック」を策定し、海外への周知活動を図っているほか、そのAPECガイドラインへの採用に向けた働きかけも展開している。こうしたなかAPECに対するビジネス界の諮問委員会ABAC(APEC Business Advisory Board)等の主催により9月9日(月)香港で開かれた掲題会合に同WGメンバーを出席させ、望ましい廃棄物発電施設の在り方等に関するプレゼンを行った。

日時:2019年9月19日(月)

場所:香港商工会議所

共催:Asia Pacific Financial Forum(APFF)

   Asia-Pacific Infrastructure Partnership(APIP)

   香港商工会議所(HKGCC)

参加者:APEC関係者および上記各団体メンバーなど50名

2019年

8月

08日

シンガポール、タイにてZEB概念の国際標準化への協力要請(ZEB普及WG)

 ZEB普及活動の一つに、日本のZEB概念のISO のテクニカルレポート(TR)化を進めているが、6月にはマレーシアが委員会へ参加が決定。今般、シンガポールと協力を得るべく出張打合せを実施した。シンガポールでは、建設局及びグリーンビル協会との合同会議を実施し、前向きな回答を得ることが出来た。またタイにおいては、標準化局との面談を実施し、協力の検討を約すことが出来た。

 

日時:2019年8月7-8日

訪問場所:シンガポール建設局、グリーンビル協会、タイ標準局

TISI (Thai Industrial Standard Institutes)
TISI (Thai Industrial Standard Institutes)

日時201987()8()

場所:タイ バンコク市

出張ZEB普及WG 主査、事務局 

2019年

7月

22日

ASEAN-Japan Energy Efficiency Partnership会合にてJASE-W活動紹介(2019.7.18)

 ベトナム・ホーチミンで開催されたアセアン各国の省エネルギー関係行政官が参加した題記AJEEP(ASEAN-Japan Energy Efficiency Partnership)会合に出席し、協議会の概要や特にこれまでのアセアンやベトナムにおける活動を説明、国際展開技術集の紹介をし、質疑応答を行った。

日時:2019年7月18日(木)

場所:パレスホテルサイゴン会議場

参加者:アセアン各国の省エネ行政官ら20名

サイゴン省エネルギーセンターにて意見交換会
サイゴン省エネルギーセンターにて意見交換会

2019年

7月

19日

フィリピン建築家協会イベントLECONEX2019にて講演(ZEB普及WG)

 アセアンにおけるビル省エネのための日本企業の製品技術の市場拡大を図るべくZEB普及WGではアセアン各国におけZEB認知度を一層上げることを目標に2国間での普及活動を推進している。今回、フィリピンの建築家協会からの招聘に応じ、フィリピン・レガスピ市での建築家協会のイベントLECONEX2019にてZEB実現への段階的アプローチ概念及び日本のZEB取組に関するプレゼンテーションを実施した。

聴衆は建築設計士を中心に360人を超えるものとなった。

また併せて、フィリピン工業省の標準化局を訪問、国際標準化への協力を要請した。

 

講演会には360名に聴講者が集まった
講演会には360名に聴講者が集まった
フィリピン工業省との打ち合わせ
フィリピン工業省との打ち合わせ

 日程2019717()720() 

場所 工業省面談(マニラ)、フィリピン建築家協会主催LECONEX2019(レガスピ市)

出張者ZEB普及WG 主査、事務局 

0 コメント

2018年

11月

21日

日尼省エネ再エネビジネスフォーラム(2018.11.14)

日尼国交樹立60周年を記念して、経済産業省、在尼日本大使館、インドネシアエネルギ−鉱物資源省の後援のもと、ジャカルタにて日尼省エネ再エネビジネスフォーラムを開催しました。テクニカルセッションではスピーカーに会員企業等15社が参加、各社の講演および展示によりプロジェクトおよび技術が紹介されたほか、インドネシア側より、PLN(インドネシア国営電力会社)、海洋担当調整省、工業省の方々も登壇され、同国における再エネ開発プランなどのプレゼンをしていただきました。

 フォーラムにはインドネシア政府関係者をはじめエネルギー関連企業、日系企業、リサーチャー、他メディア等を含め、200人超の参加があり、大盛況のうちに閉幕しました。

各種プレゼン資料はこちらからダウンロードできます。

 

日時:2018年11月14日(水)

 

場所:ホテルインドネシアケンピンスキー Bali Room 

青山フォーラム実行委員長 開会挨拶
青山フォーラム実行委員長 開会挨拶
Bali Room
Bali Room

プレゼンテーション
プレゼンテーション
展示エリアでのネットワーキング
展示エリアでのネットワーキング

0 コメント

2018年

11月

02日

シンガポールでのエネルギー・ビジネスフォーラム(2018.10.29)

 10月29日より開催されたシンガポールでのアセアン・エネルギー大臣会合に際し、サイド・イベントとしてACE(ASEAN Center for Energy)主催でAEBF(ASEAN Energy Business Forum)が開催された。フォーラムセミナーの中で、日本のZEBの考え方及びアセアンにおけるZEB実現へのアプローチのプレゼンテーションを実施。また、併せてZEBの国際標準化の支援国になってもらうべく、シンガポールにISOの委員としての参画を要請するロビー活動を標準化担当局、BCA(Building and Construction Authority)やグリーンビル協会に対して実施し、協力関係を築くことが出来た。


日時:20181029()

場所:シンガポール マリーナベイサンズ

参加者:アセアンZEB普及WG主査、事務局

 

0 コメント

2018年

10月

24日

クアラルンプールにてマレーシア政府省エネ機関との覚書締結(2018.10.17)

 マレーシアのエネルギー・科学・技術・環境・気候変動省傘下の組織Sustainable Energy Development Authority(略称:SEDA)との間で、省エネ、特にZero Energy Buildings(ZEB)のマレーシアにおける普及に向けた協力のための覚書を締結しました。

 折しもクアラルンプールでは、マレーシア環境エコプロ展IGEM (International Greentech & Eco Products Exhibition and Conference Malaysia) が開催され、SEDAのブースにて エネルギー・科学・技術・環境・気候変動省のYeo Bee Yin大臣の立会いの下、公開で締結しました。

 締結式の後、大臣のプレスカンファレンスが開催され、大臣からもSEDAとJASE-Wの協力によりマレーシアでのZEB普及が促進されることへの期待が表明されました。

署名式  中央は、Yeo Bee Yin大臣
署名式 中央は、Yeo Bee Yin大臣
プレスカンファレンス
プレスカンファレンス

0 コメント

2018年

6月

01日

ロシア チェリヤビンスク省エネセミナー (2018.5.31)

REA(Russian Energy Agency)とのMOUに基づき、露における日本の省エネ技術の導入に向け、今回は、ロシアの重工業都市チェリヤビンスクにおける第4回Russian Conference Energy Supply, Energy Saving, Energy Management in the Mining and Metallurgical Industry  2018”に参加し、鉄鋼業向けの省エネセミナー開催した。コークス乾式消火設備や炉頂圧タービン発電設備、エネルギーマネージメントソリューション等の紹介を行い、参加者の関心は高く、継続的な技術セミナーの開催を要望された。またモスクワにて、REAとのフォローアップミーティングとして、今後の具体的なプロジェクト創出及びアクションプランに関して打合せを実施した。

 


日時:2018年5月31日(木)

場所:チェリヤビンスク ラッディッソンブルーホテル

参加者JASE-W企画委員長、事務局 なお、セミナーには、日本企業3社が参加。

0 コメント

2018年

5月

10日

日尼エネルギーフォーラム (2018.5.8)

5月8日資源エネルギー庁国際資源エネルギー戦略統括 竹谷調整官とインドネシアエネルギー・鉱物資源省(MEMR)EGO事務次官をヘッドに日尼エネルギーフォーラム政府間対話が開催され、そのセッション3「再生可能エネルギー・省エネルギー」で、青山企画委員長よりインドネシアにおけるCHP(Combined Heat and Power)導入の経済性・環境面でのメリットなどに関するプレゼンを行った。また今年度は日尼国交樹立60周年でもあるため、今秋にJASE-Wが計画している日尼ビジネスフォーラム(仮称)開催予定に向けた協力を依頼した。

 


日時:2018年5月8日(火)9:00〜17:00

場所:経済産業省国際会議室

参加者出席者:インドネシア側:EGO事務次官、ハリス再エネ局長ら21名

日本側:METI竹谷調整官はじめ、省新部政策課国際室課長補佐、NEXI、JICA、NEDO、IEEJ他、民間企業・団体等66名が参加

0 コメント

2018年

5月

10日

アセアンエネルギー政策担当者会合(EE&C-SSN)(2018.4.17-20)

省エネルギーを担当するアセアン諸国の政府担当者の会合であるEnergy Efficiency & Conservation - Sub-Sector Network(略称:EE&C-SSN)の会合がシンガポールにて419-20日開催された。アセアンZEB普及SWGでは、この機会に段階的にZEB(Zero Energy Building)化をすすめる日本のZEBファミリー(日本国内での名称は、ZEBシリーズ)概念をアピールし、各国でのZEBへの取組を促進すべくミッションを派遣、なぜ今ZEBに取り組むのかに関し、プレゼンテーションを実施した。

この結果出席した各国のZEBに対する理解を深め、今後、段階的なZEB実現に向けて、より具体的に、どのように協力していくかを詰めていくこととした。

また併せて、シンガポールのグリーンビル評議会、Building Construction Authority (BCA)をそれぞれ訪問し、ZEBファミリーの概念をアピールし、今後とも情報交換及び協力しながら進めることとした。

グリーンビル評議会
グリーンビル評議会
EE&C-SSNにてプレゼンテーション実施
EE&C-SSNにてプレゼンテーション実施

日時:  2018418日(水) グリーンビル協会、BCA 面談

    2018419(木) EE&C-SSNにてプレゼンテーション実施

JASE-W参加者:アセアンZEB普及SWGリーダー旭硝子、事務局

0 コメント

2018年

4月

05日

IRENAとの意見交換会 (2018.4.4)

国際再生可能エネルギー機関International Renewable Energy Agency( IRENA)のアドナン・アミン氏来日の機会を捉え、JASE-Wでは、青山企画委員長をヘッドに意見交換会を実施した。JASE-W会員企業からは官民連携WG、地熱WG、廃棄物発電WGの各リーダー、旭ガラス㈱、高砂熱学工業㈱、有限責任監査法人トーマツ、東京電力ホールディングス㈱、日本ガイシ㈱、団体から日本気象協会、太陽光発電協会らが参加し、それぞれの技術・製品、海外展開状況などを紹介、またIRENA側からは、世界の再エネ価格、導入状況等の動向、日本の再エネ関連技術革新、投資への期待など、活発な意見が交わされた。また、後半では太陽光発電協会代表理事とバイ会談が実施され、日本のソーラー発電に関わるより踏み込んだ議論が交わされた。

IRENA意見交換会 参加者全員で
IRENA意見交換会 参加全員で
アミン事務局長ご挨拶
アミン事務局長ご挨拶

日時:2018年4月4日(水)10:00〜12:00

場所:経団連会館 ルビー北(503号室)

参加者:(IRENA)アミン事務局長、ファーナヤニ戦略・管理執行局長、三ケ田プログラムオフィサー

(日本側)上述のJASE-W参加企業・団体に加え、パナソニック㈱、住友電工㈱、(一財)日本風力発電協会、オブザーバーとして経済産業省資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部国際室、外務省経済局経済安全保障課

2018年

2月

02日

ミャンマーミッション アセアンZEB普及SWG (2018.1.28~2.1)

ミャンマービル用省エネ法ならびにガイドライン策定に関わるワーキンググループの会合にアセアンZEB普及SWGとして参加し、ミャンマーにおける標準モデルビル案およびその標準モデルビル案をベースとしたZEB Ready化の可能性をプレゼンテーションすると共に審議に参加した。工業省から産業協力局(Industrial Collaboration)の局長もオープニングに参加すると共に、当初17名程度の参加者の予定をはるかに越えて30名以上が参加する会となり、今後のミャンマーにおけるビル用省エネのガイドラインを策定していく上で基礎となる会合となった。

 


日時2018130日 9~17

場所:ミャンマー・ネピドー市 ミンガラー・ティリ・ホテル 会議室

参加者:(JASE-W)アセアンZEB普及SGからリーダーである旭硝子に加え、日建設計、および事務局

0 コメント

2017年

10月

13日

ロシア官民ミッション(2017.10.2〜6)

REA(Russian Energy Agency)とのMOUに基づき、ロシアにおける日本の省エネ技術の導入に向け、協議を進めており、今回は、モスクワにおけるRussian Energy Week 2017へ参加及びREAとの具体的なプロジェクト創出のための打合せを行うべく、官民でのミッションを派遣した。

 

Russian Energy Week 2017は2017年10月4日~7日の4日間、The Central Exhibition Hall “Manege” (クレムリン近くの国際会議場)にて、Energy Efficiency & Energy Developmentのテーマで開催された。昨年度までのENESを含む各国際カンファレンスを今年から統合し、Russian Energy Week 2017として開催された。ノバク・エネルギー大臣のみならず、プーチン大統領もパネルディスカッションに参加するほどの力の入れようで、再エネ、石油・ガスなどの資源、省エネをテーマにラウンドテーブルやパネルディスカッションが行われた。(http://rusenergyweek.com/en/)

 

REA(Russian Energy Agenecy)とは、今年に入りすでに3回目の面談となり、互いの情報交流が進んでいることを評価。今回は、両者の同意として、具体的な省エネ技術と対象ユーザーを明確にし、その対象ユーザーへの声掛けと場のセットアップを行うこととした。 具体的には、次回、11月14日(火)新潟で開催の日露エネルギー環境対話in新潟にて、JASE-Wとの会合を持ち、具体化を進めることとした。

都市の省エネ及び持続可能な発展に関する市長サミット・ラウンドテーブル
都市の省エネ及び持続可能な発展に関する市長    サミット・ラウンドテーブル
REW展示会
REW展示会

主な訪問場所および面談者:REAチコノフ長官、ベドノフ副長官、アナニッチ副部長

参加者資源エネルギー庁省エネ・新エネ部政策課国際室国際専門職員, JASE-W企画委員長、事務局

0 コメント

2017年

8月

03日

AJEEPインセプションミーティング(2017.7.27〜29)

現在、省エネルギーWGアセアンZEB普及SWGは、省エネビルの標準化としてZEB ファミリー概念の普及啓蒙のため、マレーシア・クアラルンプールで開催されたアセアン諸国の省エネ担当政府関係者が集まる会合のASEAN - Japan Energy Efficiency Partnership(AJEEP)プログラムのインセプションミーティングに参加し、ZEBファミリー概念の説明および標準化への協力依頼を行った。ブルネイ、インドネシア、ラオス、カンボディア、ミャンマー、マレーシア、タイ、フィリピンのASEAN8カ国が参加し、ZEBファミリーの概念を認識してもらうとともに普及検討協力の賛同を得た。

日時:2017年7月28日(金)9:00〜17:00

場所:クアラルンプール パークロイヤルホテル会議室
JASE-W参加者:アセアンZEB普及SWGリーダー旭硝子、事務局

0 コメント