南アフリカミッション(省エネルギー・ソリューションWG、官民連携WG)

省エネルギー・ソリューションWGロシアSWGおよび官民連携WGは、ロシアの老朽化した発電施設を日本の高効率施設への更新するSuper ESCO Schemeについて、燃料供給会社であるガスプロムの副会長及びガスプロムエキスポートの社長との面談を行うために、ミッションを派遣した。また、ロシアのエネルギー省とJASE-Wのカウンターパートナーであるロシア直接投資基金(RDIF)を訪問し、状況説明及び今後の対応について協議した。

 

  • 日時:11月12日(水)~14日(金) 
  • 主な面談先:ガスプロム社、JBICモスクワ事務所、エネルギー省、住友商事ロシア事務所、RDIF 
  • ミッション参加メンバー:日本からの参加:METI資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部政策課国際室、東洋エンジニアリング(ロシアSWGリーダー)、住友商事(官民連携WG主査)現地から参加:三菱重工業、川崎重工業、横河電機 計8名